こんにちは、管理栄養士の清水瞳です。

日中は暑く、夜は冷えたりと夏風邪を引きやすい時期です。

こんな時期は体調管理がとても大切ですね。




先日当院に通院されている方から「母乳育児」についての栄養相談がありました。

母乳育児って良い面もたくさんありますが、

お母さんにとって負担の部分も意外に、おおくあります。

私自身の4歳児(娘)、1歳児(息子)の完全母乳育児を通して、

少しでも母乳育児で悩んでいる方の参考になれば幸いです。


___________________________



〈質問〉母乳の出が良くないのですが、どうすればいいですか?

〈回答〉
1.汁物を摂るようにする

一日2回は汁物を摂ってました。
母乳の99%は水分なので水分と栄養の摂れるスープは
母乳を作るのに大切なメニューです。

〈メニュー例〉
・豚汁(大根、キャベツ、旬の野菜何でも)
・粕汁(しっかり加熱すればアルコール分はok)
・春雨スープ(わかめを入れて食物繊維up)
・ミネストローネ(大豆を入れて栄養価up)


スープは味付けをする前に取ると離乳食としても利用できるので
大量に作ってストックしていました。
少し手間ですが…魚汁もたまに作ってました。
魚のアラで出汁をとるのですが、小骨が多くて食べにくいのが難点です。
でも骨からはカルシウム、鉄、DHE、EPA、と母乳によい栄養が満点です。



2.ストレスをためない

何といってもこれが一番難しい・・・
ストレスは母乳の出を悪くするだけでなく、親子関係も悪くします。
赤ちゃんでもお母さんがイライラしてるのは分かります。
なので自分の好きなおやつを食べたり、制限しすぎないようにしていました。
お喋りが好きな私はラインの無料通話で母親に愚痴を…(笑)
ずーっと聞いてくれた母に感謝です。



3.マッサージ

湯船の中で出来るときは胸の周りをマッサージしたり、
リンパを促すようにマッサージしたりしていました。
湯船だと血行が良くなり効果が出やすいです。
老廃物の排泄を促し、母乳の出をよくします。



私は母乳の出が良かったのか汁物を取ると良く出たのですが、
人によって合う方法が違うと思います。
出ないからどうしよう?!とストレスをためるよりも
出ない分はミルクに頼り、機嫌がいい時に目一杯遊ぶ事が大切だと思います。


〈質問〉完全母乳にした方がいいのか?

〈回答〉
私自身、完全母乳だったので預ける事が難しく、
また卒乳も遅かったので母親の負担が多かったです。
今思えばイライラしている事が多かったかも…
母乳にこだわらずにミルクを使っていたら、もっとストレスがなかったのかな?
なんて今になって考えますが、当時は完全母乳にこだわりすぎていました。

混合で母親の気持ちの負担が減るなら、私はそっちの方が大切に思います。
子どもも大切ですが、お母さんの気持ちや体も大切です!
まずはお母さんが元気でないと、子どもも元気になれません。
お母さんが少しでも楽できるなら混合ミルクも大切です。

あまり無理をせずに楽しんで育児して下さいね。



IMG_20180704_110721


厨房の様子が気になる4歳児
弟は見えないのに、お姉ちゃんのマネが得意です 



こんにちは江島です。
7月23日に後楽園ホールで行われるホープフルファイトvol.28
での試合を控えた、川崎新田ボクシングジム及川 唯 選手が
コンディショニングの為に施術に来てくれました。
IMG_20180704_184441


この試合に勝てばランキング入りなのでぜひ頑張ってほしいです。
応援よろしくお願いします。

IMG_20180704_184458






こんにちは、管理栄養士の清水瞳です。

先日「地域子育て支援センターさぎぬま」で、

1歳頃の食育講座のお手伝いにいってきました。

当日は20組のたくさんの親子に参加いただきました。


〈講義内容〉
・スプーン、フォークの選び方使い方

・子どもと出来るぶんぶんおにぎり

・野菜たっぷりハンバーグ(試食あり)

・手づかみ食べのスティック野菜(試食あり)

DSC_0403
↑野菜ハンバーグ

DSC_0404
↑野菜スティック





30分で盛りだくさんの内容でした。

その後、お母さん達から個別に子どもの食事の相談を受けました。

1歳11か月なのに授乳の回数が多い…

のりと鰹節しか食べないです…

お茶碗をひっくり返したがる…

バナナが大好きでいくらでも食べるのですが…

フォローアップミルクはいつまで飲んでいいのか…

ケチャップはいつから使っていいのか…

牛乳を飲んでくれない…

白いご飯しか食べない…

味付けを濃ゆくしないと食事してくれなくなった…




日常の小さな子どもの食事の悩みをたくさん受けました。

日々の食事から栄養をとり、体を作っていきます。

毎日食べる大切な食事だからこそ、小さな悩みでもいいのでご相談にきてみませんか?

何となくこれでいいのかな?と悩んでいたことも

これで良かったんだ~~なんだ~~♪と思うかもしれません。

また他のお母さんと子どもの食事について共有できる場所です。

何か悩んでいたら地域子育て支援センターさぎぬま

「にこにこもぐもぐ食育講座」

にお越しくださいね~~!



_______________________
〈詳細〉地域子育て支援センターさぎぬま

住所:〒216‐0004 宮前区鷺沼2‐1
連絡先: 855-1751
利用料:無料
URL:子育て支援センター鷺沼


_______________________




↑このページのトップヘ