こんにちは江島です。
どうでもいい事ですが、最近のマイブームはパン屋に行く事です。
今まであまりパン屋でパンを買う事ってなかったんですが、何となく美味しそうだなぁと思い、買って帰ってみました。(今まではコンビニで買ってました。)
すると、思っていた以上に美味しく、かなりハマってしまいました!

特にカレーパンにハマっていて、定期的に少し具が違う物が出るので、それを見つけると必ず食べています。
コンビニなどのパンも昔に比べると種類も多く、味も美味しいのですが、やはりパン屋は専門のお店だけあって、違いますね!

こういった専門のお店の良さを実感すると、自分たちの仕事に照らし合わせて、
「やっぱり、自分の専門分野をコツコツと努力を重ね続けていく事って大切だな」、
「常に考えて、創意工夫しながら、極める努力をしないとな」、
「なんでもできる、ジェネラリストも凄いけど、これなら任せておけっていうスペシャリストは、やっぱりいつまでたっても需要があるんじゃないか」などと深い事をパンをむさぼりながら考えていました。
僕らの様な仕事も常に変化があり、色々な情報が出てきます。
いわいる「流行り」ですね!
常に情報はチェックしていないといけませんが、ほとんどの物が目新しいというものは無く、今まであったものを見せ方を変えて出している事が多い様に思います。
この情報に振り回され過ぎると、本質がぶれてしまい、何をしたいのか分からなくなってしまう事もあると思うので、パン屋さんがパンを作るように、治療家の自分は治療をするという事をぶれずにいきたいと思います。
とまた深い事考えています(笑)
みなさんは、どんなパンが好きですか?



こんにちは江島です。
今年の梅雨は本当によく雨が降りますね。
晴れ間がなかなか見えずに気分も上がりづらいですし、気圧などの影響で体は重だるくもなるので、
無理に気合を入れて「シャキ」っとしようとせず、のんびり過ごす方が良いかもしれないですね!
気合といえば、先日患者さんとお話をしていて、転職の話になりました。
その患者さんは去年の末に転職されたのですが、「前の職場は嫌だった部分はもちろんありますが、どうしても辞めたいと思うほど嫌だったわけじゃありません」とおっしゃっており、「転職したのは、自分の将来を考えてチャレンジしなくては思ったからです」との事でした。
話をしていて、気合いを感じました。
気合を入れろ!やる気に燃えるサラリーマンのフリーイラスト ...
それを聞いてふと思ったのですが、僕は数年に1度や数カ月に1度、「やべぇ、何かに挑戦しなくちゃ」、「自分は今、立ち止まってしまっている」みたいな衝動にかられます。
これって今の状況に不満があるとか無いとか関係なく起こるんですよね。
そしてなぜだかそういう時は、ケツメイシの曲を聴きながら、何をするべきか考える癖があります。
なぜケツメイシかは自分でも分かりません(笑)
僕はあまり松岡修三さんの様な熱いタイプの人間ではありません!ましてや「世界に行きたくないのかぁ」と叫ぶタイプでもありません。
気合いという言葉もあまり好きではないタイプです。団体競技よりも個人競技向きかと思う性格をしています。
でもなぜかこういう時期が定期的に来るんですよね!
実は熱いタイプなんですかね?(笑)
みなさんはこういう事ありあますか?
もし、あるようだったら今度教えて下さいね。それとその時に聞く定番の歌なんかもあったらぜひ教えてください。








こんにちは江島です。
気が付けば前回の投稿から1ヶ月ほど経ってしまいました。
今日は、特別な情報などはないですが、最近思った事をただ書いてみようと思います。
僕は学生時代までは、あまり文章を読むことが好きではなく、どちらかというと映像や音で何かをインプットする方が好きでした。
文章を読んでいると、気を失うかのごとく睡魔が襲ってきて、長く読むことが出来ませんでした(笑)
しかし、大人になり徐々に文章を読むことが楽しくなり、本を読む事が好きになりました。
先日も本屋へ行き、面白そうな物はないかと物色していたのですが、自分が興味を持って手に取る本の傾向が年々変わってきているなということに気付きました。
20代の頃は、だいたいが専門書のコーナーに行き、解剖学やバイオメカニクス(体の動、きについて)、施術についてやトレーニングについてなど、自分のスキルに結び付くものばかり買っていました。
思えば、20代は常に「知識をインプットしなくちゃ」、「技術を高めなくちゃ」ばかり考えていました。
それと共に常に「患者さんが来なくなって、食べていけなくなったらどうしよう」という不安があり、なぜだがいつも焦る気持ちがありました。
仕事は好きでしたが、「もしかしたら転職する事もあるのかなぁ」なんていう事もたまに考える事もありました。
30代になり、選ぶ本は同業種、他業種で夢をかなえた方や、スポーツ選手で成功した方の自伝などをよく読むようになりました。
さらにそこから、お金についての本や経営についての本まで読むようになりました。
冷静に今の自分の気持ちを観察すると、20代の頃のような焦りや不安はというのはほとんど無く、
自分がこの仕事を失う心配はしていない事に気付きました。
おそらくこの仕事を15年以上続けて、多少の自信がついてきた事と、「自分は好きなこの仕事を一生続けよう」という仕事に対する迷いがなくなった事が大きいと思います。
今は、この仕事でいかに自分が楽しく、納得した生き方ができるかという事が常に頭にあり、おそらく本を選ぶ時もその思考で、情報を探しているのだと思います。
施術もトレーニング指導も患者さん、クライアントさんの為に行う事ですが、今僕は自分が楽しく生きる為にこの仕事をしていると思います。(仕事はまじめにやってますよ笑)
本読みながら、そんなこと考えてました。
みなさんは、本読んでますか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。





↑このページのトップヘ