2018年11月

皆さんこんにちは大山です。

 

かなり寒くなってきましたね、この季節になると無性にアンコウ鍋が食べたくなるのは僕だけでしょうか?

先日、法要のために実家にお坊さんがお見えになり、お経をあげてくれたのですが。

その時なれない正座を長時間していたために久しぶりに足がしびれてしまいました。

茶道をされている方は何時間も正座で座っていられるというのをテレビで見たことがありますが、どうやっているんですかね?

 正座をしていて足がしびれるのは足の神経の血流が悪くなることによって起こります。神経内には血管が通っています。その血管が圧迫されると血液が神経内にいきわたらなくなり酸欠状態になります。酸欠状態になるとしびれの原因となる活性酸素が発生し

しびれを感じるといわれています。

正座後のしびれは正座終わりに足を崩したときが一番痛みを感じます。

これは制限されていた血液が一気に血管、神経に流れ込むことで神経を刺激するためです。
正座をした後は急に立上がらず足を崩して徐々に足に血液を戻していくと、しびれを少し抑える事が出来ますよ。

 

ちなみに加圧トレーニングの開発者である佐藤先生は正座をした時の足のしびれがトレーニングで限界まで追い込んだ時のしびれと似ていたという事に着目して加圧トレーニングを開発しました。

 

 b51792dc41a71a25df3eb1d6ed305f57_t

こんにちは、管理栄養士の清水瞳です。

10月14日宮前市民館にて、

市民向けにおやつ講座を行いました。

テーマは
「親子でCooking♪からだに優しい秋のおやつ」

当日は9組の親子にご参加いただけました。


当日の内容は…

  1. おやつとは何か?
  2. どんなおやつがいいのか?
  3. 自分で作れる簡単なおやつ紹介
  4. 親子でおやつをデコレーションしてみよう
  5. おやつプレートを食べよう


盛りだくさんであっという間の2時間でした。

参加者からは

「子どもが楽しくデコレーションしていて嬉しかった」

「食育について興味があるので、講座を受講出来て良かった」

「もう少し実習時間を増やし、子どもの作業がさらに充実すると嬉しい」

といった声をいただきました。


20181014市民講座_当日の様子(2)

↑私も当日はデモでおやつの作り方を紹介させていただきました。



なかなか作る時間がなく忙しいママ・パパが楽できるように

簡単な調理方法、栄養価アップの技などをご紹介しました。


【おやつプレート】
  • かぼちゃの生春巻き
  • 麩レンチトースト
  • 豆腐クリーム
  • りんごのコンポート
20181014市民講座_料理写真




鷺沼カイロプラクティック鍼灸整体院でも、

食事でお困りの方、食事改善したいという方、お気軽にお声かけ下さい。

忙しい方や料理が苦手な方でも食事の工夫、簡単な調理方法で、

栄養価をアップさせ、食事のバランスを整える事が出来ます。

分院Meguruでも栄養相談行っていますのでお声をかけて下さい。




08b80e62c34cdb4ac3f456d865f39e8f_t

こんにちは大山です。

 

最近、以前も一度行ったことのあるボルダリングのジムに休日を利用して行ってきました!

前回は初心者向けのコースしか登れなかったので今回は難易度の高いコースを登り切ろうと!気合を入れて行ったのですが、やはり登れず次回に持ち越しました(笑)

次の日には案の定、腕の筋肉痛が・・・

僕は普段から柔道もやっていて、ある程度筋力も体力もあるはずなのですが、競技が変わるとやはり通用しないですね・・・

このように競技が変わると筋肉が適応できないのかという事は

トレーニングの原理を知っていると理解が出来ます。

 トレーニングの原理に特異性の原理というものがあります。簡単に言えば人間の体はその環境に適応して生きているという事です。野球選手ならば野球をするための体に変化していくし、サッカー選手ならばサッカーをするための体に変化します。

他にも過負荷の原理、可逆性の原理があります。

 過負荷の原理は

体は今までかかっている負荷を超えた負荷がかかるとそれに合わせて強度が増していくという事です。これは僕の経験談ですが、小学生のころオリンピックの柔道をみて柔道がやってみたいと思い中学に上がって柔道部に入りました。いざ入部した初日、練習を少しやっただけなのですが次の日、筋肉痛がひどく本当にこれで続けていけるのだろうかと思いました。でも1~2カ月経った時には筋肉痛に、ほとんどならなくなっていました。

このように体はかかった負荷に対して強くなっていく原理があるのです。

 最後の可逆性の原理は耳が痛い話ですが。

一度強くなった体は今までの負荷がかからなくなると元に戻るという事です。

僕も部活を引退して高校に上がるまでの間、柔道をしていなかったら高校で再開した時の初日大変なことになりました(笑)

 

まとめると

体を今よりも強くしていくためには自分がどうなりたいかという目的がある事、

それに対して適度な負荷をかける事、そして継続する事これが大切になるという事です。

この原理はトレーニングをしている人だけでなく、一生健康でいるために大切な知識になるのですべての人に知っていてもらいたい知識です。

こんにちは江島です。

先日、いつも差し入れをくださる患者さんから手作りのパウンドケーキをいただきました。
IMG_20181025_190402

いつも手作りの美味しい物を際入れて下さるので、楽しみにしています。

今回もとても美味しく、優雅なコーヒータイムを取れました。

いつもありがとうございます。

↑このページのトップヘ