カテゴリ: 質問コーナー

こんにちは大山です。

今回は最近患者さんから「どうしても内股(膝が内側に入ってしまう)になってしまうんですけど、やっぱり直した方が良いですか?」という質問されたのでそのことについて書きたいと思います。

答えは「直したほうが良いと思います。」

内股のデメリットとしては、足の関節が土踏まず側に倒れるようにねじれ、すねの骨と股関節が内側に回旋し、骨盤は前にお辞儀するように前傾して「反り腰」と「出っ尻」の状態になります。このことでお尻が大きく見えたり、内臓が前に押し出され下っ腹が出ているように見えてしまうなどスタイルの面での悪影響や腰に過度なカーブが出来るため腰の関節や筋肉に負担がかかり、臀部の横の筋肉「中殿筋」が硬くなることで腰痛になったり、長時間の歩行、ランニング時に膝の内側に炎症を起こす鵞足炎になるなどの原因にもなります。
などの理由からやはり内股の癖は改善させた方が良いと思いますよ。
ご自身も当てはまるなと思う方はお気軽にお問い合わせください。

IMG_0144
 内股のガイコツ君と江島先生のツーショット

よくあるご質問をご紹介いたします。

少しでも参考になれば幸いです!


Q:「仕事帰りに寄りたいのですが、何時が最終受付ですか?


A:最終受付は20時となっております。(土日祝日は18時最終受付)
  お着換えのご用意もありますので仕事帰りでも大丈夫です。
   

痛みや体の不調を感じても、「この程度の痛みなら頑張れる」とついつい放っておきますよね。

体に無理を感じたら我慢せずに、お気軽にご連絡ください(⌒-⌒)

 

 

↑このページのトップヘ